大伏玄泰(M1)の研究・活動紹介が、工学部広報誌「えんじにあRing 2018年7月号」の学生コラムに掲載されました。(2018.7.1)

大伏玄泰(M1)が、日本建築学会・第91回北海道支部研究発表会において「優秀講演奨励賞」を受賞しました。(2018.6.23)

坪内健(D2)の提案が「津島市天王通り再生プラン提案募集」において「佳作」を受賞しました。(2017.12.16)

(仮称)苫小牧市民ホール建設の基本計画策定に関わる平成29年度第3回検討委員会について、11月7日の苫小牧民報及び北海道新聞で紹介されました。(2017.11.7)

10月25日に開催された(仮称)苫小牧市民ホールに関する公開ワークショップ(会場:まちなか交流センター-・ココトマ)の様子が、苫小牧民報で紹介されました。(2017.10.25)

「#カリグラシ」トークイベントが、9/21(木)に北大建築棟のMUTSUMIホールで開催されます。森傑教授も出演します。(2017.09.12)

(仮称)苫小牧市民ホール建設の基本計画検討の進捗について、7月10日の苫小牧民報で紹介されました。(2017.07.10)

(仮称)苫小牧市民ホール建設の基本計画策定に関わる平成29年度第1回検討委員会について、6月27日の苫小牧民報で紹介されました。(2017.06.27)

6月3日に開催された(仮称)苫小牧市民ホールに関する市民周知イベント(会場:イオンモール苫小牧)の様子が、6月5日の苫小牧民報で紹介されました。(2017.6.5)

6月3日に開催された(仮称)苫小牧市民ホールに関する市民周知イベント(会場:イオンモール苫小牧)の様子が、6月4日の北海道新聞および室蘭民報で紹介されました。(2017.6.4)

森下助教が2017年日本建築学会教育賞(教育貢献)を受賞されました。(2017.4.14)

当研究室が基本設計を担当した東神楽町・志比内地区公民館について、3月15日の北海道建設新聞で紹介されました。(2017.3.15)

(仮称)苫小牧市民ホール建設検討委員会の第5回会議(1/23)について、1月25日の苫小牧民報で紹介されました。(2017.1.25)

森傑教授が、中国・済南市で2016年11月に開催された The 13th Annual Convention of Architecture and Environment Design Education in National Fine Arts Academies, China にて、最優秀講演表を受賞しました。(2017.1.13)

森傑教授が、2/11(土)に開催される日本学術会議・北海道地区会議主催学術講演会「持続可能な世界にむけて、国連が採択した目標(SDGs)に貢献する北海道の知」に登壇します。(2017.1.11)

札幌商工会議所「空き家対策コラム」にて、森傑教授の寄稿「なぜ、空き家が「問題」なのか?」が掲載されました。(16.12.27)

森傑教授が、中国・山東工芸美術学院 建築と景観設計学院の特別招聘教授に就任しました。(2016.11.15)

田中宏尭(M2)の提案が「第41回北の住まい住宅設計競技」において「奨励賞」を受賞しました。(2016.11.14)

10月23日に開催された(仮称)苫小牧市民ホール・フォーラム「未来の憩いの広場、市民ホールを考えよう」について、10月24日の苫小牧民報および10月25日の北海道新聞で紹介されました。(2016.10.25)

10月23日に開催された(仮称)苫小牧市民ホール・フォーラム「未来の憩いの広場、市民ホールを考えよう」について、10月24日の北海道新聞で紹介されました。(2016.10.24)

森傑教授が、平成28年度「科研費」審査委員表彰を受賞しました。本賞は、科学研究費助成事業の審査において有意義な審査意見を付し、公平・公正な審査に貢献した審査委員を選考、表彰するものです。(2016.10.13)

(仮称)苫小牧市民ホール建設の基本計画に関わる第2回活動WGについて、8月17日の北海道新聞および8月18日の苫小牧民報で紹介されました。(2016.08.18)

当研究室が設計を担当している東神楽町・志比内地区公民館の改築について、第1回ワークショップの様子が、東神楽町広報誌「東神楽」2016年8月号の連載「みんなで公民館をつくろう! 志比内地区公民館整備事業を追う(第1回)」にて紹介されました。(2016.8.1)

(仮称)苫小牧市民ホール建設検討委員会の平成28年度第1回会議(7/4)について、7月5日の北海道新聞および室蘭民報で紹介されました。(2016.7.5)

(仮称)苫小牧市民ホールの基本計画についての森傑教授へのインタビュー記事が、6月26日の北海道新聞に掲載されました。(2016.6.26)

室蘭民報にて、研究室が昨年度、基本構想の策定業務を受託した(仮称)苫小牧市民ホールについて、今後2年間の基本計画への着手およびWG委員の公募について紹介されました。(2016.6.8)

当研究室が策定業務を受託した「(仮称)苫小牧市民ホール建設基本構想」が公開されました。(2016.5.1)

(仮称)苫小牧市民ホール建設検討委員会の第11回会議(3/23)について、3月25日の北海道建設新聞で紹介されました。(2016.3.25)

(仮称)苫小牧市民ホール建設検討委員会の第11回会議(3/23)について、3月24日の北海道新聞および苫小牧民報で紹介されました。(2016.3.24)

日本建築学会で東日本大震災5周年シンポジウム「専門的知見はどこまで生かすことが出来たか」が開催されます。森傑教授がパネリストとして登壇します。(2016.3.12)

日経アーキテクチュア2016年3月10日号特集「建築の挫折」にて、「被災地の難題 二極化する復興」のテーマの中で、森傑教授への取材およびコメントが紹介されています。(2016.3.10)

(仮称)苫小牧市民ホール建設検討委員会の第10回会議(2/15)および基本構想(案)のパブリックコメントについて、2月19日の北海道建設新聞および2月23日の苫小牧民報で紹介されました。(2016.2.23)

当研究室が策定業務を受託している(仮称)苫小牧市民ホール建設基本構想(案)についてのパブリックコメントがはじまりました。(2016.2.22)

(仮称)苫小牧市民ホール建設検討委員会の第10回会議(2/15)および基本構想(案)のパブリックコメントについて、2月16日の北海道新聞で紹介されました。(2016.2.16)

森傑教授が、平成27年度から新しく設けられた科学研究費補助金・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)に採択されました。アジア太平洋地域におけるコミュニティ移転の計画論と再定住モデルをテーマに、オーストアリアのMacquarie

University(予定)との国際共同研究を推進します。(2016.2.8)

東日本大震災における集団移転の課題に関する森傑教授の見解が、2月1日の毎日新聞の特集記事「東日本大震災5年 第1部 まちづくり」に取り上げられました。(2016.2.1)

(仮称)苫小牧市民ホール建設検討委員会の第9回会議(1/18)について、1月20日の北海道建設新聞および1月21日の苫小牧民報で紹介されました。(2016.1.21)

菊地翔貴(M2)の提案が「N13リノベーション 学生アイデアコンペ」において「最優秀賞」を受賞しました。(2016.1.21)

土地区画整理の課題に関する森傑教授の見解が、1月17日の北海道新聞に取り上げられました。(2016.1.17)

(仮称)苫小牧市民ホール建設検討委員会の第8回会議(12/14)および基本構想(案)について、1月6日の北海道建設新聞で紹介されました。(2016.1.6)

What’s New

http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shisei/sonota/shiminhoru/junbi.html

北海道大学 建築計画学研究室へようこそ

当研究室は、建築ならびに都市の計画・設計について、社会的・文化的・経済的にヒューマンスケールな生活環境の実現を目指し、理論的・実証的研究とそれら成果の実践適用と社会還元について学際的・国際的に取り組み、生活環境の質の向上(improving the quality of life)および広義の福祉(well-being)に資する次世代計画論を探求しています。